イノセント・デイズ

attachment00_4.jpg

こんばんは、ルミです( ´ ▽ ` )ノこれでも学生の頃は文学少女と呼ばれたわたし(笑)
この頃はスマホ依存になったのもありで、本を読むことから離れていたのですが
読書家のお客さんから、「結末がアレだけど、引き込まれるよ」とおススメしてもらった「イノセント・デイズ」を読み終えました
 
以下、ネタバレになるのでご注意を!
 
 
 
 
なんじゃー!あの終わり方はー!!
ちっともスッキリしねぇ!!

冒頭から結末が書いてあるものの、主人公に感情移入しているものだから、大どんでん返しが来そうな展開に息を止めつつ、読み進めるものの
残りのページ数を目算し「ああ、これは悲惨なまま終わるのね」と落胆しつつも、でもどこかで期待を残しながら、あかんかった
カタルシス欲しかった……
わたしはハッピーエンドが大好き_(:3」z)_辛いのは心が保たない(笑)
 
と、読後にほとばしるまま書いてみました(笑)
ルミでした☆

Rumi