文化の違い

LovingTouch

男性が脱毛をすると言うと驚くのが日本人クオリティ。女性でさえ放置プレイの人もまだまだ多いのでは?

「脇毛は無くすけど、下の毛は放置する」という女性がいるが、不思議で仕方ない。僕からしたら下の毛を放置しているのは、脇毛を放置しているのと同じことです。見た目も悪いし、不衛生。

以下の文章からいくと、僕のような考えの人はヨーロッパ(ドイツより)の思考のようです…

白板という呼び方は中国が由来であるが、中国の古い伝承として、白虎というものがある。後述する無毛症の女性のうち、まったく陰部に発毛しないものを極めて珍しいことから、めでたいものであると考えた。また男性の無毛症を青龍と呼んだ。青は「若い」に通じ、龍は「陰茎」の隠喩とされるが、この白虎と青龍が結ばれると、その夫婦は至高の幸福を過ごすと伝えられた。

日本においては、女性が腋毛を剃るのは常識であるが、陰毛はまったく処理しないことが多い。これは、江戸期において遊郭での遊女が陰毛を短く摺り切り(携帯用の石臼のような器具で切断面が鋭利にならないようにする)を行うことがたしなみとされてきたことへの反動、温泉などの大衆浴場文化の存在も影響していると考えられている。

アメリカなどで制作されたポルノの写真や映像において、出演している女性のうちかなり高い確率で陰毛を完全になくすか短くしている。また、男性においても何割かが同じ様にしている。さらには、欧米における芸術性に主眼を置いたヌード写真などでも、同様の傾向が見られる。これらの傾向については、欧米人特有の剛毛や体臭にあるのではないかという意見もある。体毛をなくすことで、見た目を良くし、体臭を軽減することができるためである。一般においてもオシャレの一環として、 剃毛や整毛の習慣は浸透しており、レーザーによる脱毛が一般に浸透している。白人の場合には、レーザーが反応しやすいためレーザー脱毛しやすいことも、その理由と考えられる。

ドイツの心理学者エルマー・ブレーラー氏の調査によると、欧州の若い女性たちの間では、パイパンにするのが流行になっている。英国を除くヨーロッパでは、18歳から25歳の50%程度の女性が「恥毛は不潔なもの」であるとし、完全に無毛の状態まで剃毛しているという。また、彼女らの両親の世代も、 娘たちの「パイパン指向」には理解があるらしく、18歳の誕生日などに“陰毛の永久脱毛”をプレゼントする親が多くいるという。ドイツでは、1回4万円弱の費用で永久脱毛を提供する専門店も増加しており、「初めて処置を受ける子供を親が連れて来店して、自動車教習所に通わせるのと似た感覚で、陰毛脱毛をプレゼントするのが常識になりつつある」という。この調査では、男性の間でも、自らの陰毛を永久剃毛することが流行になりつつあるしている。ブレーラー氏は、「15歳前後の女の子ですら、パイパンの流行に乗っている。彼女らのパイパン志向は、単なる流行だからというだけでなく、恥毛は美観を損ねるし、衛生上も好ましくないと考えている」と結論づけている。

パキスタンなど一部のイスラム文化社会では、結婚した女性は陰毛を剃るのが身だしなみだと考えられている。

ウィキペディアより抜粋。

スタッフ